「主人公プロジェクト」
オンライン・ワークショップ

JUDGE.jpg

初心者から、プロフェッショナルまで。

魅力的な主人公の生み出し方。

コロナ禍

キャンペーン

実施中

ズバリ、あなたの映像作品を劇的に面白くする近道。
 
あなたは「魅力的な映像作品を作りたい」と思ったことはありませんか?
例えば「温めていた自作の物語を映画にしたい」、
「ドラマチックなプレゼンムービーを作りたい」、
「親のドキュメンタリーを残したい」など。
 
今や誰でも映像を撮れる時代ですから、

「作りたい」という部分に関しては、簡単に夢が叶います。
でもその映像を魅力的な物語として、
観客を惹きつけるにはどうしたら良いでしょうか?

鍵になるのは、「主人公の魅力」です。

あなたが作る作品の主人公は、どのくらい魅力的ですか?

このワークショップでは、登場人物から徹底的に魅力を引き出し

観客を惹きつける主人公を生み出す技術を学ぶことができます。
ドキュメンタリーでも、ドラマでも、どんなジャンルの作品でも、

魅力的な主人公さえ作り出せれば、その作品は格段に面白くなります。

観客はそんな主人公の言葉を大事に聞いてくれて、一緒に笑ったり泣いたりもします。

それはつまり、物語の世界にどっぷり浸かるということです。

そんな主人公を生み出し、映像作品にしてみたいと思いませんか?


90分×7回のオンライン・ワークショップをマンツーマン、または法人向けに開催。
これから始められるご自身のプロジェクトや、

悩んでいる未完成の作品が、生きた教材になります。
主人公の魅せ方を楽しみながら学びましょう。

詳細はメールにてお問い合わせください。

カリキュラム例(お一人ずつ違うカリキュラムを組みます)

第1回 可能性

どんな物語にしたいか?

主人公を設定しましょう。

 

第2回 プラン

どんな展開にしたいか?

最大の効果を発揮する脚本を作りましょう。

 

第3回 表現

どんな映像を作りたいか?

さまざまな映像表現を駆使しましょう。

 

第4回 制作

どうやって撮影するか?

実際に撮影現場を作りましょう。

第5回 つなぎ

どうやって物語を紡ぎたいか?

編集で作品を整えましょう。

 

第6回 音

どんな音を響かせたいか?

感情を音で表現しましょう。

 

第7回 改善

どこを改善したいか?

徹底的にブラッシュアップしましょう。

 

※「脚本メイン」、「撮影メイン」など

ご希望に沿って内容をカスタマイズできます。

● 回数:全7回​、時間:1回90分

● コロナ禍キャンペーン:60分無料のご相談を受け付け中(人数限定)。